管理者ページ  
気になる商品や情報をご紹介致します♪今日のおススメや、最新情報、気になる話題など☆新商品の紹介や、モニターにも参加しています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日たまたまテレビをつけたら

「ワイドスクランブル」という番組で

田原総一朗さんが出演していて

連日話題になっていた

震災翌日の原子炉海水注入

首相の一言で1時間中断
(産経ニュース)」

について語っていました。

これのことの発端は

自民党の安倍晋三元首相は20日付のメールマガジンで

「『海水注入の指示』は全くのでっち上げ


というメールマガジンだったそうだ。

そして安倍元首相は

首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」と断じた。これに対し、枝野幸男官房長官は20日夜「安倍氏の発言が偽メール事件にならなければいいが」と牽制(けんせい)。首相周辺も「激怒はしていない。安全を確認しただけだ」と強調した。

それからというもの

菅首相と、原子力安全委員長が

「言った」、「言わない」と問題になった。

結局、東電が改めて現場の責任者の

吉田所長が注水を継続させていたと訂正し

注水継続の吉田所長、処分も検討…東電副社長(2011年5月26日16時49分 読売新聞)」

とあった。

田原さんによると安倍元首相が

東電に確認もせず見切り発車で

ひと悶着起こしたそうだ。

枝野官房長官の言うとおり

安倍氏発言偽メール事件化してしまった。

さきほど報道ステーションで何かの話題で

「政権レベルでああだこうだやっている場合ではない」

というような言葉で

ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが言っていたが

その通り今まさに未曾有の震災の傷もいえず

危機に瀕しているというのに

安倍元首相は人の足引っ張るような

偽メールを出すなどという失態をやらかして

本当に自民党というのは

腐りきっている党だと思った。

板垣英憲氏によると

電力会社でつくる電気事業連合会(電事連)は80年代前半から
11年間で約65億円を党機関紙の広告費として自民党に支払った


そうだ。

自民党と、一部の人が儲けるために

原発を作ったくせに

原発事故の責任も取らない。

挙句のはてに、一刻を争う

原発事故下において

くだらないことで時間を浪費させた。

自民党が儲けるためだけで

国民には高い電気代を押し付け

今では日本国中を放射性物質で

汚染させたこの罪はどうあがなうつもりだと

自民党に問いたい。

それから板垣氏は

福島第一原発大事故の収束が、ままならない状況下であるというのに、自民党は、実に無神経である。与党であるなら、徹底的責任を追及されるべきところ、「野党」であることを隠れ蓑にして、頬かむりしている。「原子力守る」政策会議」とは、正確に言えば、「原子力利権を守る」政策会議ということになる。しばらくは、静かにしておればよいのに、ゴソゴソと利権の堅持に狂奔するとは、何ともあきれ果てた政党である」と述べています。

板垣氏の言う通り「何ともあきれ果てた政党」なのだ。

腐りに腐った党なのだ。

現場の対応が正しかった

注水継続の吉田所長、処分」するより

腐った自民党を解党するか

どうか自民党のみなさん

今すぐ福島の原発に行って

国民のために今こそ働いてください。

福島の原発が今、あなた方を待っています。

そして原発の後始末をしてきなさい。

自民党の贖罪はそうやすやすと

拭えるものではないのです。

あなたがた自民党に捧げる曲です ↓

「東電に入ろう」


http://youtu.be/8_Fg3j1jgWw



http://youtu.be/dLbgmGbNzdI


http://youtu.be/Hk8caoamJiM





http://youtu.be/z9AlurAWSiM
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lnnl.blog81.fc2.com/tb.php/4474-1e2d24d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。