管理者ページ  
気になる商品や情報をご紹介致します♪今日のおススメや、最新情報、気になる話題など☆新商品の紹介や、モニターにも参加しています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線不安、福島市の小中学生310人市外転校(2011年7月27日03時03分 読売新聞)」

ということですが

できれば早くに子どもや妊婦は避難するべきなのです。

チェルノブイリ事故(1986年4月26日)のときは、

原発から120km離れたウクライナの首都・キエフの子供たちすべてが、

5月半ばから9月までの間、旧ソ連の各地の保養所に収容された
(女性セブン2011年5月26日号)」

ということで子どもを避難させたそうです。

放射線は子どもは白血病や、甲状腺ガンだけでなく

「精神遅滞(せいしんちたい)」の障害もあらわれるそうです。

「放射線影響研究所」のサイトによると

広島と長崎の原子爆弾による放射線の胎内被ばくが精神遅滞と

小頭症の発生率を増加させることが明らかにされてから 40年が経った


とあります。

それに海外では

セシウムの脅威 スウェーデンの汚染地帯ではIQや学力低下も(女性セブン2011年7月28日号)」

ということで子どもにとっては

放射線というのはかなり有害な物です。

できるだけ放射線量の低いところに

避難することが将来の子どものためにも必要なことなのです。






「wikipedia」による「精神遅滞のよくある傾向



 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lnnl.blog81.fc2.com/tb.php/4583-cbef2071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。