管理者ページ  
気になる商品や情報をご紹介致します♪今日のおススメや、最新情報、気になる話題など☆新商品の紹介や、モニターにも参加しています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「放射能防御プロジェクト」が発足したそうです。

市民グループが自らお金を払って

調査した結果を公表してくれました。

こちら →「放射能防御プロジェクト

今日、会見がおこなわれたのですが

チェルノブイリでの第二区分(移住区域)が

見つかったそうです。

それが埼玉県三郷市早稲田のようです。

他にも数値が高い所があったそうです。

千葉松戸、茨城取手市

江戸川区東葛西なども高かったようです。

この調査でわかったのは

セシウム以外のベーター線を出す核種が

他にもあるようだということと

豊島区で6万ベクレルの砂塵がある。

プルトニウムなどを調べてない。

(この会見には話されていないのですが

ベーター線を出すトリチウムも危険だそうです。

欧州放射線リスク委員会(ECRR)科学議長のクリス・バズビー博士は

「トリチウムの悪影響は、DNAの破壊力が強く、

胎児の発達問題が起きる」と言っています。)

それから今後懸念されることはガンや白血病以外にも

感染症の増加などだそうです。

日本の物流の発達で汚染された食品を食べ

内部被曝する可能性が全国である。

東京がチェルノブイリでいえばキエフの汚染レベル。

はっきり言えばチェルノブイリと

あまりかわらない汚染状況なのではないでしょうか。

ぜひこの会見を見てほしいです。

汚染がひどい地域の方は避難したほうがいいです。

「安全」などと言える状況ではありません。

会見で話された内科医の先生は

「無力」さを感じているそうです。

今まで放射線障害を診たことがないそうで。

できれば広島で原爆の被害者を診続けた

肥田先生に医師の方は教えてもらってほしいです。


会見の動画は ↓ こちらで見られます。

首都圏150ヶ所 放射能土壌調査会見
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lnnl.blog81.fc2.com/tb.php/4594-7a990117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。