管理者ページ  
気になる商品や情報をご紹介致します♪今日のおススメや、最新情報、気になる話題など☆新商品の紹介や、モニターにも参加しています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米 原発事故の避難勧告範囲縮小」という「NHK」の記事の中に

アメリカ政府は「「計画的避難区域」と「特定避難勧奨地点」は

依然として避難勧告の範囲に含まれるほか、

妊婦と子どもと高齢者は半径30キロ圏内に

居住すべきでない」としています。

日本の専門家の中には、老人は大丈夫と言う方もいますが

基本的に日本の専門家と呼ばれる方の中には

御用学者もいらっしゃるわけで信用できません。

アメリカの方が放射能のデーターがそろっていて

放射能の性質について理解していると思います。

ですから「妊婦と子どもと高齢者は半径30キロ圏内に

居住すべきでない」という言葉は間違いないと思います。

高齢者の方はたいがい持病があったりして

放射性物質は持病を悪化させるらしいのです。

ですから高齢者だからと自分は大丈夫と思っていると

寿命を短くさせられることでしょう。

必読! 低線量被曝による「脳障害」「不妊」

「糖尿病」などを警告するドイツ女医のインタビュー
」も参考になります。




 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lnnl.blog81.fc2.com/tb.php/4637-fa8ff4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。