管理者ページ  
気になる商品や情報をご紹介致します♪今日のおススメや、最新情報、気になる話題など☆新商品の紹介や、モニターにも参加しています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交渉不参加の可能性も=TPP、国益損ねる場合―野田首相(時事通信)」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000026-jij-pol

ということですが、TPPに日本が参加すると

アメリカの多国籍企業の植民地になるというのと同じだそうです。

武力を使わず、日本をアメリカの利権者が

植民地にできる権利を得るのと同じです。

「「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請」

という記事の中に

議員グループが米通商代表部(USTR)の

ロン・カーク代表に宛てて書簡に

「日本は長い間、国内市場を意味のある競争から保護してきた」

とあるように、日本は今まで

いろいろな面で守られてきたのです。

輸出のためにTPP参加というのはばかげていて

すでに日本企業は海外で生産しているので

関税撤廃なんてすでに意味はないですし

いまさら参加表明したところで

アメリカの都合のいい条件しかなく

日本の要求は受け入れられない。

野田とオバマの会見でもオバマは

日米首脳会談 オバマ大統領、非関税障壁撤廃求める 今後の厳しい交渉暗示される場面も

と要求してきたことからも

すべて関税撤廃を求められそうなのです。

今まで守られてきたものをすべて失う

国内の保護など無理そうなのです。

もうすでに交渉できる立場にないとわかるのが

TPP、9カ国が大枠合意=米大統領「来年中に結果を」-野田首相は出席できず

という門前払いの状態ですね。

交渉の席にもつけません。

はっきり言って日本にとってTPPのメリットは希少で

デメリットが莫大だそうです。

たとえば被害予想

 農業・農協
 健康皆保険
 医療難民(たとえば盲腸の手術費が200万に)
 地域経済(下記に「各自治体の試算」の一部掲載 )
 公共事業
 郵政(かんぽの解体)
 共済の解体
 同人誌崩壊でコミケ終了
 メディアの改革開放で競売オークションへ

ありとあらゆる分野が

アメリカにぎゅうじられ破綻に追い込まれます。

こうなると日本国民で被害を受けない人はいないでしょう。

マスゴミもこぞってTPP推進していましたが

TPPでマスコミの給料半分にカットだそうで

どれだけマスコミってお人よしかわかります。

自分の首しめているのがわからないなんて

さすがマスゴミです。

もし仮に日本がTPPに参加した場合

輸出国というのがアメリカと日本が大きな比重を占めるそうで

はっきり言えば「アメリカ」対「日本」の市場の競争となるわけです。

で、これからTPPに立ち向かうべく我々がやるべき

TPP(アメリカの支配)に対抗する方法が

3つあります。

1つ目は、TPP推進の国会議員を落選させること。

そしてTPP反対議員を当選させましょう(※ 原発推進派は抜きでお願いします)

TPP反対議員の一覧は ↓ こちら
 ☆TPP反対国会議員一覧

TPP賛成議員は落選して、職を失い、

国民からの成敗を受けていただきましょう。

それから2つ目は、

アメリカの商品や、サービス、エンターティメント等を

「見ない、買わない、利用しない」という

3ない活動ですね。

それが日本が生き残る方法でしょう。

5つの対米公約表明へ TPP、武器輸出三原則… 来月の日米首脳会談

という記事の中に

「首相が表明する「対米公約」は、(1)TPP交渉への参加(2)武器輸出三原則の緩和(3)南スーダンの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊派遣(4)牛海綿状脳症(BSE)問題を機に実施された米国産牛肉輸入規制の緩和(5)国際結婚の子の親権に関するハーグ条約加盟-の5つ。」

ということで、政府はアメリカの要求を呑むことしかせず

日本の国益を踏みにじる行為をしています。

牛海綿状脳症(BSE)が日本国内で

売られることになったのです。

なんとといいましてもアメリカの農産物や食品は、元々危険です。

牛肉はBSE問題もありますし

アメリカの肉はホルモン剤を使用しています。

それにアメリカの農産物は

穀物も長距離輸送のため

ポストハーベストの農薬の使用。

それに気持ち悪いことに今まで日本が輸入禁止にしてきた

大腸菌ポテトを日本に輸出したがっています。

それからアメリカの大豆などは

90%以上が遺伝子組み換えという危険なもので

基本的に言ってアメリカは

農業政策に失敗した国なので

食べられた代物ではないということです。

それに日本では禁止されている

添加物つきの食品まで入ってきますから最悪です。

アメリカは日本の商品にかなわないから

売れなくて関税撤廃で安く売って儲けたい。

アメリカって人体に危険だろうが

なんだろうがおかまいなしのろくでもない国。

アメリカのものは拒絶することが

自分のためにも日本のためにも大切なことなのです。

アメリカの物を買ったり、サービスを受けたりすることは

めぐりめぐって自分の首を絞めることになるのです。

なぜならTPP参加で日本は年間で数千億しか儲けず

数百兆円規模の損失と

雇用喪失が数万人から数十万人という規模に及ぶらしいです。

TPPで本当に遺恨を残すのは間違いありません。

なぜアメリカは体に悪い物を

売りたがるのか不思議でした。

それがどうしてかわかりました。

まずアメリカによって

日本の農業の崩壊を

仕組まれていることを知らなければなりません。

そのよい例がタマネギです。

日本の食卓に欠かせないタマネギですが、

実はこのタマネギが大変なことになっているのです。

ありえないことになんと

日本のたまねぎの90%が「悪魔の種」と言われる

遺伝子組み換えの自殺種のF1種だそうです。

雄性不稔(ゆうせいふねんせい)という特徴があり

葯や雄しべが退化しているため

花粉が機能的に不完全だそうです。

なんとこれは「ビル・ゲイツやユダヤ金融資本家たちの種子独占計画

によるものです。

(「ビル・ゲイツやユダヤ金融資本家たちの種子独占計画」の

種子の保管場所の動画を下に貼っておきました)

種子が一世代かぎりなので

農家が種を作ることができず

たまねぎを作るかぎり種子を買い続けなければならないという

「悪魔の種子」と呼ばれる物だそうです。

で、日本でこの「悪魔の種子」を販売しているのが

タキイ種苗㈱、トキタ種苗㈱、㈱日本農林社、みかど協和㈱、カネコ種苗㈱、㈱サカタの種、㈱武蔵野種苗園など、9割以上が実はモンサントやカーギルなどに経営権を買収されており、実質的にロックフェラーの会社という実態になっている。(唯一、「野口種苗」だけが従来種を扱っている)」

ということです。

「ビル・ゲイツやユダヤ金融資本家たちの種子独占計画」とは

世界人口増加で食糧難を見越して

ユダヤ人だけ生き残る「ノアの方舟建設計画」というのを計画をして

食糧の元である種子をぎゅうじるという

汚いまねをしているそうです。

ビル・ゲイツ最低。

日本も国をあげて種子を保存したほうがいいと思います。

JAは本当に何をやっているのでしょうか。

自殺種なんて使うなんて。

このままでは食糧難の時代がくるというのに。

ベトナムで枯葉剤が使われいまだにベトナムでは

その後遺症に苦しんでしますが

その枯葉剤を作った悪名高きメーカーの

モンサント社をご存知でしょうか。

このモンサント社がアメリカで非常に評判が悪いそうです。

「現在、種子の製造会社としてはモンサント、デュポン、シンジェンタそしてダウ・ケミカルが世界の市場をほぼ独占しており、遺伝子組換え作物に関する特許もほとんど彼らが押さえてしまっている

特に米、大豆、トウモロコシ、小麦、といった主要作物に関してはあまりにも影響が大きくなりそうだ。2007年にそのような特許が成立したことを受け、今後10年あるいは20年以内に確実に世界の食糧生産者の大多数はこれら4社が提供する種子が手に入らなければ、農業生産ができないという状況に追い込まれるだろう。

 そのような長期的な食糧独占計画をアメリカ政府は国際開発庁が中心となりモンサントらとともに進めているのである。これほど強力な外交交渉における武器もないだろう。アメリカの政策に反対するような国に対しては食糧生産に欠かせない種子の提供を拒むということもありうるからだ。」


という記事があります。

このようにアメリカに食糧の元の種子を握られるということは

日本がアメリカの植民地になったことにかわりないです。

アメリカの思惑により種子の供給が止まれば

食糧難に陥ります。

いわば兵糧攻めにあうということを意味し

戦わずして、降伏しなければならないということです。

アメリカのいいなりになるしかない。

ですから農業の崩壊は国家の崩壊を意味するのです。

もう笑ってはいられません。

「アメリカの食糧供給は、これまで長年、小規模の有機農場と対立してきたモンサント、デュポン、その他農業大手に支配されることになる」

ということで、日本もその支配を

受けるのが懸念されます。

この窮地を打開する方法はないのでしょうか?

そこでこのような ↓ 記事がありました。

モンサント社のF1種は、日本では農協が推進していますが、既に玉ねぎは全国の90%が遺伝子組み換えの自殺種のF1種だそうです。ここまで浸透しているのです。

 この強大な農協に対抗しているグループが、少しづつですが全国に現れてきています
。」

このように「自殺種のF1種」に対抗することこそが

日本の農業の生き残る手段なのです。

在来種販売の野口種苗の社長さんが公演したそうです。

それによると

野口さんの仮説ではあるのだが、「雄性不稔」という雄しべ、つまりオス♂の本能を持っていない植物が蔓延すること、この植物を食することである異変につながっているのでは?という仮説。

この仮説には、ミツバチの失踪~男性の生殖機能の低下・・・にまでつながっている、という内容だ。
ミツバチの失踪は、女王バチというメス以外のオス蜂がある日突然いなくなってしまう現象である。つまりオスの異変なのだが、もしかするとこの雄性不稔の花粉にホルモンバランスを壊してしまう要素が含まれているのかもしれない。そしてまた、昨今の先進国における男性の精子の減少も、雄性不稔の植物を食べることによることに起因しているのではないのか?という仮説である。」


ということです。

TPPで危惧されている農業ですが

TPP参加で日本の農業が生き残る唯一の方法は

「野口種苗」の従来種を使うことが大切でしょう。

アメリカの企業の「悪魔の種子」を買わず

再来種を使い、「遺伝子組み換えではない」と

安全性をアピールすることでしょう。

アメリカでも牛乳でホルモン剤を使っていないと

表示するだけで売り上げが上がっているということです。

「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」という

下に貼った動画を見るとそのことが話されています。

モンサント社の工場のある

ウエストバージニアや、アラバマ州では

健康被害が出ていて負の遺産だそうです。

日本はアメリカの物を排除が

今後アメリカに対抗する手段なのでしょうね。

TPPで農業を守りたいなら

一番市場を争うアメリカや外国の種子や商品を使うできではないと

みなさん農協に自分の言葉で訴えましょう。

農協へのお問い合わせは → こちら

話はそれますが、上記のモンサント社の

ラウンドアップという農薬から

奇形児が生まれるそうです


くれぐれも使わないように。

それからもう本当にアメリカでは

CodexとFDAが外国の食品「安全」も管理する食品安全近代化法」とか、

FDAの「死んだ食品」計画を外国に押し付ける意図

とかあってろくでもない国です。

米国の食品安全要件に関し、外国の政府・食品メーカーを教育する」
これはFDAの「死んだ食品」計画を外国に押し付ける意図である。FDAは、唯一の安全な食品は死んだ食品だと信じている。だからこそ農務省と一緒になり、生の牛乳、生のアーモンド、いろいろな生野菜に宣戦布告したのである。(http://www.naturalnews.com/023015_f…)


みなさん、アメリカはこの「死んだ食品」を

日本に押し付けようと画策しているのですよ。

健康に良いビタミン・ミネラルを違法化

なんてアメリカ国内でもして

皆を病人にしようと陰謀を企てているそうです。

なんでこんなことをやるかというと

その裏には「病気になる人が多いほど、医療や化学療法で「治療」する病人も増え、大手製薬会社は儲かることになる

あくどい巨大企業の策略があるそうです。

ですから「死んだ食品」を日本に押し付け

病人を増やし、大手製薬会社が儲けようと

TPPでたくらんでいることも知らなければなりません。

あと、「中国、アメリカでのスパイスや肉類、野菜類を中心に約30万トンの照射食品が流通「放射線照射食品」(2003年現在)」ということです。

海外の食品の危険性を知れば

買う気がなくなります。

すごくTPPが嫌なのは非関税障壁で

食品に製造年月日を記するのが禁止というのもあるそうです。

TPPに参加で食品に製造年月日を記するのが禁止となれば

食べ物の安全性がなくなるという恐怖の食卓が

我々の元に押し寄せます。

アメリカのせいでみんな病人になります。

これで大手製薬会社は儲かるんですね。

頭にきます。

「GIGAZINE」によると

下記がアメリカのTPPを推進している企業だそうです。

インテル、マイクロソフト、IBM、GAP、コカコーラ、ファイザー、シティグループ、ダウ・ケミカル、GE、ヒューレット・パッカード、ジョンソン・エンド・ジョンソン、リーバイス、オラクル、P&G、タイム・ワーナー、Visa、ウォルマート、ゼロックス」

「つまりTPPでの交渉とは、

これらすべての企業を相手にするのと同じ意味なのだ、ということです


ということでこれらの企業の製品は不買するのが

日本のみならず、おのれをを守る方法なのでしょう。

それからTPPに対抗する3つ目ですが

とにかく多くの人にTPPが

百害あって一利なしであることを広めることです。

日本に仕事を求めて海外から人々が押し寄せ

日本人の雇用も失い

外国人による犯罪が多発し治安も悪くなり

日本も無法地帯と化すのが想像できます。

TPPは日本にとって最悪な事態をうむことでしょう。

米自動車業界団体、のTPP参加に反対声明

とアメリカ内でも日本のTPPに反対だそうです。

それに「wikipedia」によると

「斎藤環、中野剛志[68][69][70]、藤井聡[71]、東谷暁、三橋貴明[72]、宮台真司らはISD条項に基づく訴訟、グローバル・インバランスの是正問題や道徳観、諸外国の廉価な食料を日本が輸入することによる世界的な食料価格の高騰への懸念、協定のイニシアチブをめぐる力関係への懸念から、TPP加入は国益にならないと主張している」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%9A%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E9%80%A3%E6%90%BA%E5%8D%94%E5%AE%9A

とあります。

この中の「ISD条項」がかなり問題があるそうです。

京都大学准教授の中野剛志
中野剛志が批判する「米韓FTA」とTPPの共通点がムゴすぎる! 日本はもう99%手遅れ!」


の中で、「ISDという条項は非常に問題が大きい」とも

語られています。

規制があるせいで投資家が損害を被ったかどうかだけの経済的な理由だけの審査を行う

ということで、アメリカは一大裁判国家なので

いいがかりをつけられて

金を巻き上げられるということです。

たとえば ↓ このようなことが起こったそうです。

カナダはとんでもない目に遭いました。ある燃……えー、カナダはですね、ガソリンにある神経性の物質を入れることを禁止してました。これ体に良くないからです。ちなみにこの禁止規定はアメリカのほとんどの州で同じような規定があるんですね。ところがアメリカの燃料メーカーは、この環境規制が、自分たちに損害を与えたといってカナダ政府を訴えて、結果カナダ政府は敗訴して、この規制を撤廃させられるとともに、この燃料メーカーに推定1000万ドルの賠償金を払ったんですね

こんなことが日本でも確実に起こります。

日本人の健康なんてどうでもいいアメリカは

日本からお金を巻き上げるために

日本をTPPに参加させたがっているのでしょうか?

なんと

ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は

「TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。

もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に

合意できれば、

日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。

それが長期的な目標だ」と語った


このようにTPPの目的が

「日本、韓国その他の国を押しつぶす」ことにあることを

私たち日本人は知らなければならないのです。

TPPで日本は崩壊するのは間違いありません。



「wikipedia」より

「日本医師会は定例会見で「TPPへの参加によって、日本の医療に市場原理主義が持ち込まれ、最終的には国民皆保険の崩壊につながりかねない」と指摘している[64]。また、日本との貿易量が大きい中国と韓国が参加しないTPPは日本の利益にならないとの意見もある」


各自治体の試算

北海道庁は、仮に日本がTPPに参加すると、道内の主力産業である農林水産業や観光業にとりわけ大きな影響があるため、単年度で道内に2兆1千億円の影響が出て、約17万人の雇用が失われると試算している[73]。

岩手県庁は、仮に日本がTPPに参加するとコメや畜産品の生産の減少が予測され、県内生産額が2410億円減少すると試算している[74]。

沖縄県庁は、仮に日本がTPPに参加すると県内生産額が1420億円の打撃を受けると試算している。特に肉牛やサトウキビなどの農林水産物に影響が大きく及ぶとしている[75]。そのため、2011年11月1日に仲井真弘多知事が政府と与野党にTPP参加反対を求める要望書を手渡した[76]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%9A%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E9%80%A3%E6%90%BA%E5%8D%94%E5%AE%9A



「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」(1)

http://youtu.be/V-ESDpUrKck

「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」(2)

http://youtu.be/f58-ToNpdNo

「アグリビジネスの巨人"モンサント"の世界戦略」の紹介

http://youtu.be/kmwczeLR2Uw

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~

http://youtu.be/cNXEucYUFJ0


「ビル・ゲイツやユダヤ金融資本家たちの種子独占計画」の
種子の保管場所の動画 ↓

Doomsday Vault Protects World's Seeds on "60 Minutes"

http://youtu.be/lXW_vzQppGI
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lnnl.blog81.fc2.com/tb.php/4654-b43952b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。