管理者ページ  
気になる商品や情報をご紹介致します♪今日のおススメや、最新情報、気になる話題など☆新商品の紹介や、モニターにも参加しています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRBの通貨発行権切れ

備えた方がいいかもしれません。

いろいろな所から情報が出始めています。

今時間がないので詳しくは書けませんが

金融が停止する可能性があります。

新しいシステムに世界が移行するかもしれません。

それに米国で新札に切り替わるそうです。

旧ドルと新ドルとの交換比率がどうなるかわかりません。

備えあれば憂いなしです。

もしものために備蓄した方がいいかもです。

銀行も停止になるかもしれません。

2012年は大変な年になると噂になっていましたが

実はこれが最大なのかも。

このシステム変更のどさくさにまぎれて

軍事クーデターとか起きませんよね?

軍事クーデターの話は → こちら

参考になる記事を以下転載させていただきましたのでご覧ください。


↓ 下の転載②を参考に備蓄をすると安心かもしれません。



【転載②の一部掲載】

ガソリンや灯油、食料(米、乾物など保存が利く物)備蓄と

現金の余裕を持って年越しに臨んだ方が良いかと思います。

金融が混乱すると流通が止まります。運送屋が燃料を調達できない。

東京の食糧自給率は1%。脱出するにもJRで後払いは出来ない。

カードは利用停止の可能性もある。

9.11の時にはカード社会のアメリカでカードが使え無かったそうです。

何もなければ良い話。

http://ameblo.jp/yoruasaaida/entry-11422553190.html




「CNNが伝える不可解なニュース・・
崖の向こうにも崖!連邦預金保険とFRB通貨発行権が年内期限切れ!
http://www.asyura2.com/12/hasan78/msg/768.html






米国は、ロスチャイルドの通貨支配から離脱する。

米国債は紙屑になる。

1000兆円の米国債を保有する日本への影響は?

年間60兆円ともいわれている米軍予算はゼロに。

大変な混乱が予想される。

繰り返します。

このままでは、日本は財政破綻してしまいます!

その結果、おそらく日銀が潰れ、日銀券はゴミになります!(中略)

●私のフォロワーに対して、これから三ヶ月の間に紙幣をできるだけ硬貨に換えるよう進言します。

「交換価値の残るものは金属硬貨、強い酒類、主食、石油である」


「ウイスキーは強力な通貨になりうる」


「家や動産の大半が無価値に」


「株もダメです 企業が崩壊する」


「食料と石油の輸入が不可能になる」


「食料品は三日で店頭から消える」


「農家が紙幣を受け取ると思うか?」

http://ameblo.jp/64152966/entry-11433613854.html





くりえいと
‏@kurieight
12月22日には、FRBの持つ100年前に
アメリカ政府から与えられた通貨発行の権利が切れる。
政府と米国議会が発行権限を私企業FRBから取り上げられるのか?
それとも自動延長?全然報道がないのも臭う。
財務省局長級以上の正月召集令状のウラには、これもあるだろう。
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281620065332375556


くりえいと
‏@kurieight
非常に不可解なのは、アメリカでは年明け早々から
100ドル札が一新されるという大変革がある。
これも、一向にマスコミで取り上げられない。
この新紙幣の発行と紙幣発行権の帰属問題などただでさえ大問題なのだが、
雲行きをみるとオバマ 大統領がウルトラCをやるかもしれない。
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281621210549334016




くりえいと
‏@kurieight 米国の減税の期限切れと
緊縮財政の強制執行によって「経済の崖」がくる。
経済崩壊に陥るのを避けるため、オバマ 大統領がドラスティックな
策を打ち出しそうなのだ。
そのネタが「新紙幣の発行」と「発行権の問題」などである可能性が高い。
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281621636971646976


くりえいと
‏@kurieight 米国では、金融労働者に対して、
クリスマス休暇や正月休暇を返上して、
自宅や事務所で待機せよと通達が出ているようだ。
「財政の崖」の協議の行方を見守るためというのが名目だ。
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281622855320485888


くりえいと
‏@kurieight 日本では22日 ~24日は3連休、
また29日から1月3日までは正月休みで市場は閉まったままである。
その間に市場に衝撃が走る可能性が大きそうだ。
動乱を指をくわえて見ていることになりそうだ。
金融混乱も考えられるので、万一に備えて必要な資金は手元に置いていた方がよいかも。
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281624075644829696




くりえいと
‏@kurieight なお、可能性として、財政の崖協議が物別れとなれば、
100ドル札が一新される事に乗じて新ドルと
旧ドルとの交換比率を1:1でなく発表する可能性がある。
(1:1なら新ドルにする意義がない)。
仮にそれが、10:1となれば米国の借金は一気に
10分の1に減少させられる。(えええ~~~)
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281625184476209152



くりえいと
‏@kurieight 金融アナリストのチャード・ウィッテントン氏が
「その結果は来年1月の防衛株の動向に重要な影響を及ぼすだろう 」と言ったという。
戦争銘柄急騰?なに?新ドルと旧ドルとの交換比率を変えれば、
500兆円とも700兆円ともいわれる膨大な米国債を保持している
中国や日本はネコババされるわけで~
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281626661181587456



くりえいと
‏@kurieight 今回の当選者は、メリケン筋のひとがすごく多い。
つまり、噂される各種の方法を使用してお墨付きを得て、
当選させていただいたわけでもあり、
日本はネコババされてもゴロニャンななにかを約束でもしているのかもしれません。
あるいは借金チャラのまたたびで相互メリット???
https://jp.twitter.com/kurieight/status/281627907523215360




転載①


ロンドン金融街シティーの崩壊は、グローバリゼーションの終わり  2012年12月1日

http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/a-fall-of-the-city-of-london-will-mark-the-end-of-globalization

A Fall of The City of London Will Mark the End of Globalization - Regime Change Will Follow

Posted by Drekx Omega on December 1, 2012 at 7:00pm


親愛なる皆さん


もしも英国に住んでいて、抵当権付きの借金を負っているとしたら・・・何が起きるか気をつけて、このカイザーのRT報告ビデオを見てください。


又、ポンド-スターリングを含む新しい世界規模の通貨管理システムが発動の準備を終えていることを忘れないようにしてください。旧システムが崩壊する時に急速に展開される新システムへの移行に備えてください


負債は返済されず、大衆に顔を向けている政治家は、一人として事実を明かさないでしょう。国家と個人の負債は、抹消され、ポンドに健全性を与える新しい貴金属に基づいたシステムが稼動し、経済を生き返らせ、二度と用いられることのない旧システムは、永遠に葬り去られるでしょう


パニックに陥らないようにしてください。これから先長い時間は運用に耐えられなくなっている、際限の無い負債を負っている現状の財政システムの崩壊に関して、マックス・カイザーがロンドンからRT上で報告していることは全て正しく、筋の通っている事です。


イルミナティティーの経済権力網の中心に位置するので、ロンドンのシティーのねずみ講詐欺が表沙汰になると、それと共に、世界的に認知された現状システムは崩壊するでしょう。


全ては天によって指令され、天の管理の下にあるものなのですから、恐れを抱かないようにしてください。


光と豊穣の祝福を。

光の銀河連合の地上要員、英国東部部門司令官、Drekx Omega

カイザーのRT報告ビデオは、

http://www.youtube.com/watch?v=k9qdVBlKwq4&feature=player_embedded

(http://www12.plala.or.jp/gflservice/FallOfCityOfLondon1201.html)より転載






大前研一氏「アベノミクスで日本経済は再生できない」「なぜなら、それまでにデフォルトしてハイパーインフレになってしまうからだ」

「無制限の金融緩和」「10年間で200兆円の財政出動」といった
景気・金融政策を掲げる「アベノミクス」への期待感から、
総選挙前に日経平均は1か月で100円以上も上昇した。

安倍自民党の政権奪還で期待はさらに高まるが、
大前研一氏は「そんな政策で日本経済は再生できない」と喝破する。
 

今回の総選挙で争点になった
「消費税増税」「インフレターゲット」「TPP(環太平洋パートナーシップ)協定」などは、
いずれも経済成長とは関係がなく、重要ではない。

というより、重要でないから争点になったのだ。
重要なことを争点にする政治家を、私はついぞ見たことがない。

最大の問題は、
政権に返り咲いた自民党の安倍晋三総裁(およびそのアドバイザーたち)が、
日本経済の現状を理解していないことである。

安倍総裁は大胆な金融緩和やインフレターゲットなどによって
デフレ脱却を目指す財政金融政策「アベノミクス」を掲げているが、

それは金利の上げ下げとマネーサプライの増減が経済活動に影響を与えるとする
20世紀のマクロ経済学が、まだ通用すると思っているということだ。

しかし、その認識は間違っている。
すでに日本は1999年からゼロ金利政策が(短期間解除されたことはあったが)続いており、
市場にはお金があふれている。だが、誰も借りないし、誰も使わない。

これからさらなる金融緩和を行なって無制限に資金を供給したとしても、
個人にも企業にもニーズがないから、実体経済には吸収されないのである。

大胆な金融緩和をしようがしまいが、消費税を10%にしようがしまいが、
TPP協定に参加しようがしまいが、このままでは日本は2030年を迎えられないと私は見ている。

なぜなら、それまでに日本は国の借金が対GDP比で300%を超えて、
「破断界(持ちこたえられる限界)」を迎え、
国債がデフォルトしてハイパーインフレになってしまうからだ。

国債がデフォルトしたら、国債を大量に保有する銀行が潰れ、
個人金融資産が吹き飛んでしまう。

ハイパーインフレになったらタンス預金も一気に紙屑になる。
そうなる前に貯蓄を消費に向かわせて経済を上向かせることを考えるべきである。

http://www.news-postseven.com/archives/20121224_161894.html

http://www.hoshusokuhou.com/archives/21551017.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed




転載②


アノニマスによる「世界最終戦争」宣言
http://oka-jp.seesaa.net/article/305705566.html

これを使って不良債権のデータを消去するのかな?

日本の場合、株券は全て電子データ化されていますからデータが消えると大混乱。

株を持っている方はオンライン取引の画面コピーとか証拠になる媼物を紙に残しておいた方がよいかと思います。

当分の間、売買の予定がないので有れば証券会社から持ち株確認の書類を送って貰うのがよいと思います。

銀行預金も同じ話で、通帳に記入しておかないとデータが消える=金が消える。です。

決行日は12月22日か23日だと思いますが、日本では連休になりますので24日の夜(アメリカ市場が開く時間)には何が起きるのか?ハッキリすると思います。

年内は銀行が営業しても、年明け早々にバンクホリデーって事もあるのか??

ガソリンや灯油、食料(米、乾物など保存が利く物)備蓄と現金の余裕を持って年越しに臨んだ方が良いかと思います。

金融が混乱すると流通が止まります。運送屋が燃料を調達できない。東京の食糧自給率は1%。脱出するにもJRで後払いは出来ない。カードは利用停止の可能性もある。

9.11の時にはカード社会のアメリカでカードが使え無かったそうです。

何もなければ良い話。

様々な状況を考えると、クリスマスプレゼントが有るのかな???

地震とかトンネル事故とか自然災害の可能性も濃厚ですが、湯田金の仕業と無条件に反応するのも良いのかも(笑

これは違う、(他は実行したと認める事に成る)と言い出せないですから(爆笑



(http://ameblo.jp/yoruasaaida/entry-11422553190.html)より転載




転載③


2012年の12月 FRBの通貨発行権限切れ
2011-07-06 21:13:53 | Weblog興味深い、内容の話が目に付いた。

FRB(連邦準備銀行)は、公的機関などではなく、単なる私企業である事は、もう周知の事だが、単なる私企業が勝手にドルを発行してきたが、憲法第18条8節5項には、「合衆国議会のみが通貨発行権を有する」 と明記されており、FRBの存在そのものが憲法に違反しているのであるが、2012年12月末に、
FRBの通貨発行権限が切れるとの事だ。
 FRBが違法に強行し、100年間続けてきた、通貨発行権利?が失効になる・・・
そうなると、どういう事が起きるのか?起きないのか?起こさせないのか?

●貨幣をFRBが発行すると明確な憲法違反になります。そこで、ドル紙幣は一般の通貨と見かけや機能はまったく同じですが、いわゆる貨幣(通貨)ではなく、「利子がつかない小額の国債」という名目になっているそうです。(晴耕雨読より)

●「騙まし討ちで成立した連邦準備制度」
 この連邦準備制度というシステムが始まったのは、ウッドロー・ウィルソン大統領時代の1913年。この年、の12月下旬、多くの上院議員が休暇に入っていたクリスマスの直前に準備され、可決された連邦準備法によって、定められた。(るいネットより)  
●これによって何が変わったかというと、ロックフェラーを筆頭に、モルガン、ロスチャイルド、ワーバーグ、ハリマンら大富豪が、アメリカの金融政策を統制する中央銀行を、彼らの意向だけで運営できることになったことだ。つまりFRBの実態は、一握りの大富豪たちが半数以上の株を所有する「巨大民間企業」と化しているということだ。
 1913年の時点で、大富豪たちの都合で自由にドルを刷れる法案が可決され、ロックフェラーⅠ世が「金の出る蛇口が手に入った以上、大統領の地位も議会も不要!!」と豪語したとされる理由がそこにある。つまり、アメリカという超大国のドルを利用しながら、金融政策を思うままに操ることができるのだ。(辛口時事ネタコラム)

などなど、1分も掛からず、詳細にマスコミに出ない事が、瞬時に分かる良い時代だ。
暇に任せて、サーフして行くと面白いだろう。
それにしても、「利子がつかない小額の国債」とはね。
だから、アメリカのソブリンリスクと、その他の国々のソブリンリスクは別物だったのか。
何となく納得!

今のワン・ワールドの時代は昔のように単純には、出来てはいない。
この8月から、2012年の末までは、ハリウッド映画より面白くなる。

(http://blog.goo.ne.jp/rakugando/e/599f3d204500050dd2636bc772124211)より転載




転載④


「「政府が「安心しろ」と言えばそれは「終わりが近い」証拠...
余計に信ぴょう性が増しちゃうって気もしますけどね
「12月21日に世界は終わりません」米政府が公式ブログで否定」
http://www.gizmodo.jp/2012/12/20121221.html





転載⑤


「2012年12月21日から3日間、地球は暗闇に包まれる―。
中国四川省でこうしたうわさが広まり、
ろうそくやマッチを購入する住民が殺到している」
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120701001623.html



転載⑥


「約2週間後の21日で世界が滅亡するという風説が世界に広まっている」
http://matome.naver.jp/odai/2135480594912487601






「もし連邦準備法に99年の期限があれば闇の勢力は
なんとしてでも期限切れ前にアメリカを破産させ、
破産のどさくさに新しい連邦準備法を成立させなければならない」
http://kayskayomura.com/node/122






米国で年明けに牛乳価格急騰の危機か
ニューヨーク(CNNMoney) 「財政の崖」問題で揺れる米国で、年明けに牛乳の販売価格が現在の約2倍の1ガロン(約3.78リットル)当たり7ドルに上昇する可能性が出てきた。

米議会は現在、財政の崖の回避に時間を取られ、他のさまざまな法案が手付かずの状態だ。農業法案もその1つで、この法案が可決されないと来年早々に牛乳の価格が倍に上がる。

その仕組みはこうだ。米政府は国内の酪農業を維持するため、乳製品の価格が下落しすぎた場合に酪農家から乳製品を買い取る。現行法では、牛乳価格が現在の国内平均価格である1ガロン当たり約3.65ドルの約半分まで値下がりした場合に政府が介入することになっている。

「われわれはこの問題を乳製品の崖と呼んでいる」(ガレン氏)

幸い、議会にはまだ新法案を可決する時間は残されてはいるが、財政の崖をめぐる審議の状況や、一般に米議会には物事を成し遂げる能力が欠如していることを考えると、乳製品の愛好者は今のうちに買いだめしておいた方が良さそうだ。

http://www.cnn.co.jp/business/35026132.html?tag=cbox;business




国連2013年食料危機を警告、 世界は食糧暴動の嵐が襲う?
http://uskeizai.com/article/297777920.html
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lnnl.blog81.fc2.com/tb.php/4852-3941fecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。